マニラ

2011年6月11日 (土)

フィリピンカジノ情報

ブルゴスにはオカマだらけや、近づいたらあかんで、綺麗な娘もそうでない娘も皆そうや。と国内線からのタクシー運チャンがやたら力説していただけに喧嘩しても負けそうなのがゴロゴロ。

スーパー6編

・ハイアット、空港とも300Pミニマムが増えた。

・ディーラが絞ってくれたり、盛り上げサービスは韓国より上。しかしサンポー系のチップは強制(オリジナル?)のディーラもいる。

・のしてきている韓国人はツラを嫌う傾向高し。

・ハイアット最上階はほぼ香港ドル

BJ編

・ハイアットの21は親BJと引き分け!

・ダバオではポンチーン含めてまったくなし

・いわずもがなの16ステー

その他

・金曜夜でもテキサスホールデムコーナーがなくなってたハイアット

・カリビアンJPは100万P超ハイアット、インチョンよりましか。

・ダバオでは普通に100Pバンクロールのサイドベッター多し。

数千円のバンクロールの普通のオバチャンに付いて行こうと全滅したデルタラウンジで御粥食べながら。

リフレ休暇はフィリピンダバオに(後半)

ダバオの最後の夜は一日ロビンソンデパートで油を売っていたところ、食料品売り場にドリアンが入荷されていたので慌てて購入し堪能。110609_171452 これで思い残すことないなと夕立がやむのをまってホテルから荷物をピックアップ。小一時間ほど最終勝負をかわいくミニマムで過ごして一矢報いた。で空港までタクシーで25分ほどで出発20分前に到着。ディレイの文字がやな予感を感じさせたがイソイソと搭乗口に。

やってくれるなLCC、なんと1時間も待たされての出発となった。でマニラからはタクシーでマカティに。ホテルではゴキブリ君の歓迎を受け、安ワインを流し込んでバタンキュー。

翌朝やたら早い時間に起きたので、近所を彷徨って怪しい安ジンを流し込んで二度寝したところ昼過ぎに猛烈な喉の渇きと頭痛で起きる。110610_080213 せめてプールは使おうと猫額のプールで過ごし、スコールやんだところでフィリピン恒例のジョリビー詣でを済ませたとこで予定を考えてみる。110610_144639

とりあえず昼のマカティらしいとこを見てみるかと散歩するも・・・・おしゃれ過ぎてこの国ではなかバイとすごすご退散。湿気と二日酔いで気分最悪なのでホテルで仮眠。

となるともう行く所は一つ。所持金の半分溶けたが倍にすればいいんだなとハイアットに。ただタクシーゲロ混みで40分くらいかかって疲れた。

一般テーブルで順調に増やし、BJでは叩かれるもなんとか連勝して再度スーパー6やっていると、肩叩かれてビックリはさいゆうきさん!

少し共闘したのち向かいの居酒屋にて白波で旧交をあたため、歌いに行く彼とわかれて最終決戦に。目標は今晩の呑み代までの浮きと設定し、これまでの10倍のレートで勝負開始。

あっというまにペソ全滅・・・・うーん一旦休むかと思ったが気が付くとエドゼンで日本軍を全額両替していた。

そこからはジェットコースター開始でプラ転した瞬間もあったり、最後数千ペソオールインから復活したりといろいろあったが。まー負けてもいい小さい金(マニラでは使い出あるが)をきっちり溶かして終了。

さばさばと帰るところが、帰りのタクシーは更に渋滞してなんと80分もかかった。負けよりも、天候と渋滞が心象悪くさせたフィリピンの旅はおわた。

・・・・・今から眠れないでブルゴスのバーでも冷やかすかな、現金ないのでカード使えればだけど。

2011年6月 9日 (木)

リフレ休暇はフィリピンダバオに(前半)

9連休とるのはいいが、行くとこイマイチない。でデルタの特典使ってフィリピン往復おさえてみた(Cクラス45000マイル)

連日の飲酒でフラフラで成田到着、月曜なんでガラガラの空港では一目散でラウンジに。ここでたっぷり時間があったのでイロイロ食べて、シャワーなんぞ浴びていると少し二日酔いから復活してきた。110606_180228

機内では映画を見た後は、まずい飯とワイン数杯+ウィスキー2杯でダウン。気がつけば到着という理想パターン&元気復活。何せダバオへの飛行機まで6時間ほど空港近辺のカジノ巡りで徹夜するので。

先ずは、両替(1万円=5300P)一応数件ある銀行比較したら一部極悪レートあるようで注意が必要だな。

で空港でて右手に徒歩10分弱で古い空港カジノに。ポンツーンしかないのでスーパー6で遊ぼうとレート見るとなんと庶民的な200Pから(嬉)ここで小銭を増やしながら、ポーカー見たりライブ聴いたりしつつ、暇つぶしに上の階で鯨見学。あまりに見学しすぎてついには追い出されたんでリゾートワールドに移動。

9ダブルではあるがまともなBJ(300P~)をしばし堪能。カリビアン、カジノウォー、パイガオポーカーなど逃げゲームはあるがひたすらBJしたおして深夜手仕舞う。最後にメンバーズカード作成してバーで勝利祝杯のマティーニ飲んで国内線に移動。パゴコーとリゾートワールド、全然雰囲気違うがどちらもいいかな。どちらも相変わらずコリアンパワー強し。

なんのサービスもないゼスト航空も、しっかり3列空きシートで横になっての移動ならば楽チン。110607_034006 で90分はあっというま(往復3400P)朝5時半着でタクシーでホテルまでは20分ほど。ネットでとったマルガリータホテルなる安宿は、とんでもなく不便なとこだったが到着直後は分からず、となりのコンビニ=でかいネズミがウロウロ(笑)にてジンを購入後爆睡。まー6時から部屋に入れたのでそのときはうれしかったが。

で昼過ぎに起きてサマル島を目指すが、「サマル島でもどこのホテルだ?」ときかれて適当に答えて出発。ホテル毎のプライベートビーチようの船15Pに乗り換えて対岸に。125Pでデッキチェアーに寝そべってみた。110607_134951 海は浅いので泳げないしイマイチ。風景はそれなりによかったが。

で夕方そそくさと帰る。ホテルに一旦もどり、10分ほど歩いたとこにあるロビンソンデパートで食事をとってからカジノを目指す。先ずはグランドリーガルホテルに。110607_214042 スーパー6が10卓くらいのみ。(300P~)持っていった1万Pがあっというまに消失。テーブルによってはドルでもうてるようだが、両替は極悪レートだしローカル民だらけ。乞食モードで100Pバックベットしたり、10Pペアにおいたりと地元に溶け込んでのプレーしたが疲れたので終了。で外にでるとスコール、この時期毎晩のようだ。

タクシーにて帰還して安ジン呷って倒れこんだ。

昼過ぎ起床して、折角の晴天なんだが海には行く気になれず、市内中心には一本道のようなので初めて?の乗り合いバス体験。110608_114444 取り合えずのったが何も聞かれず直進。しばらくして客が金払ったので横のアンチャンにいくらか聞いてみると8Pとのこと。で行き先を聞かれたのでアポビューホテルと答えると近くまでは行くようで、後は教えてやるという優しさ。閉塞感あってかなり揺れるし暑いので昼は二度と乗りたくないが揺られて20分ほどで到着してホテルが見えるとこまで連れて行ってくれた。こういう小さい親切が旅の醍醐味だなと実感。

で一応お約束のカジノ探索しようとするも13時開始とのこと。で昼飯とったり普段ほとんどしない買い物したりして暑さを逃れて、カジノに出直し。110608_120444 前夜と同様のレートだがさらに小さい(スーパー6、300P~)カジノで少し稼いだとこで一旦終了。

サマル川を目指して歩くも、あまりの暑さでフラフラに。110608_145739 川は汚いだけだしボートも乗り方わからないので引き返してカキ氷を食べてクールダウン。110608_151330

まずいことに全額現金持ち歩いているので危険かなと思ったが(大体全滅パターン多し)再度カジノに。満席の中、さらにマズイかなと一人で1000Pのビックバック(笑)スタート。30手ほどで2万P消失(泣)2勝8敗ペースならばむべなるかな。

後は再度乞食賭博をして少し盛り上がったり、指くわえ状態の時にB17連発なんて見たりで暗くなったので帰ることに・・・またスコールのなかピザと焼き鳥かってタクシーで帰還、タクシー拾い屋なんているんだ(料金不明)

うーん小銭のみで意気消沈してから深夜就寝。結局ドリアンは時期でないのかどこいっても無いようで悔しい。

続く

2011年5月26日 (木)

20周年リフレッシュ休暇

会社勤めて20年、5日連続して休みやるとのことなので被災地の瓦礫拾いボランティアかと思ったら、それ(ボランティア)用には別の休暇制度があるとのことで旅行することに。

GWにトルコ行ったので、あと行くとすると希望は南米なんだが9日ごときでは全然たりない。

あとは強いて行くならムンバイなんだが禁酒国家連続はやだなーーー。

そういえばデルタマイルが4万以上、これでなんとかならないかと電話してみた。西アジアは無理、香港中国よりもとマニラに。45000のビジネスにはギリギリ足りないので2000マイル=100ドル購入。6月6日in11日out。

ただひたすらマニラはやだなー、既に行ったセブを除いて物色。大好きなドリアンが代名詞になっているダバオに決定。マニラからはLCCで100分往復6000円くらい、ホテルもマニラよりも相当安い。

一応カジノもあるらしい(爆)。

初日は空港カジノで徹夜、ダバオ二泊、初めてのマカティ二泊。マニラではカジノには基本行かずバスで近場を観光する予定。

2010年7月20日 (火)

最終25分

初日の香港ドルテーブルで浮いていたわずかな時間以外ズーっと沈みぱなし。
しかしマニラ小銭モードなんでバンクロールの半分を切ることなく仲間と別れた時点では余裕あり。

で日曜負けを許容してあまり打たず。そもそも二日酔いがひどく。プールもいまいちの天候で楽しめず。
土曜夜のクラブ活動以外は二日酔いで死んだまま。
月曜もあまり打たないと決め、午前中に少し戻す。でも夜は無理せずモヒートで気持ちよく就寝。P1000025
で8万Pの負けを取り返すべく、朝から出勤。こつこつ増やして残り5万Pまできた。ただ時間はもうあまりない11時。いったんホテルに戻り再度荷物もってカジノに。

P1000017

手元には10万P。これを1.5倍にするべと誰もいないVIPエリアに。罫線を見てとりあえずBに1万。が6勝ち、あちゃー半分かよと思ったら細かいのが。

そうかバカラだったのか。こりゃついてるかもと残り時間を逆算すると20分強。タイマーをセットし万P攻撃開始。

最後に幸運の女神がいたのは5000Pのバカラだった。

チャラになった時点で終了し、エドゼンに。香港軍は壊滅したが1万円ほどの浮きで笑顔のマニラ湾となった。

2010年7月17日 (土)

4連休開始

昨晩は禁酒して寝不足のまま新スカイラナーに乗車。チキンな僕はいつもどおりのフィリピンし様の小さいバンクーロールでいってきます。P1000008 P1000011

2009年7月21日 (火)

朝日に涙のマニラ湾

Pict0172_3 月曜朝まではチョイ浮きで耐えていてブレーキも効いていたが。きっちり持参した香港ドルがなくなったのでロスカットとなった。

初日、ヘベレケでマニラ着。タクシーにて安宿にチェックインしてさっぱりした後カジノに向かう。で孫さんとばったり、苦しんでいるようだ。外貨テーブルで朝までうって少し浮く。

天候悪く、プール付のホテル意味なしと、さらに安いホテルに変更。

翌日も遅いビールに怒りながらもゲームは慎重に進める。JPの無いカリビアンや、全然勝てないBJなどこなしつつ、負け確定の仲間と鍋を囲んでの楽しい夕食。

で食後皆でバカラテーブル明けるも・・・・。沈んだ分を外貨テーブル(香港ドル300~)で回収したのち解散して部屋で反省していると「送り人」依頼があったので綺麗に飛ぶのを見送った。

で月曜は朝ふらりと座った外貨テーブルにて地獄の始まり。

まーいつものことできっちり香港ドルを溶かして終了。

魂を抜かれて一日ホテルで寝ていた。

夜くらい出歩くかと、禁断(旅行先での和食はパチもんが多いたま韓国以外行かない主義だが)の和食に。酒とツマミの誘惑に負けてチャミスル?!を肴に涙した。

Pict0174_9

はー、いつもの負けとはいえ最終日夜まではタマ残さないとつまらんなー。

2009年3月24日 (火)

マニラ最終日

Pict0048 せっかくだからと電車?に乗って出かけようと思い駅まで。Pict0044 がまったく情報がないためどこに行っていいのかわからない。確かマカティとかいう地名があったなと路線図見ていると親切なガードマンが「何処行きたいか?」なんてきいてきたので最寄り駅を教えてもらい乗車。混雑の車内でふと見ると「この電車は日本のおかげで」なんて表示。

でおりて適当に散歩しようと思ったが、まったく土地勘ないためどこにいっていいのやら。
場外馬券や危険そうな路地裏など散歩しまくって最後はタクシーで帰還。Pict0045 Pict0046 Pict0047 マカティ地区は日曜は閑散としていた。Pict0052

でもう思い残すことはないと数万円だけのこして最終勝負に向かうことに。USテーブルは閉鎖されているようで(率悪いもののHKドルならホールドしてくれるようだが)エドゼンで両替して7万Pを元手に、目指すはチャラとなる17万P。

勝負はバカラかスーパー6、ひよったらいけないと6000Pで単騎勝負開始。最初好調だったが10万Pあたりで停滞する。

BJやカリビアンで瞬殺されるもなんとかバカラで戻してと。10万P板、半ちぎり(持ち金の半分はあきらめる事)かな、もう飲みに行きたい(シラフで打っていた)と思うも最後は絞り倒ぞとバカラテーブルに。

マニラでは最初2ゲームだけが開始状態、PPのテーブルでスタート。最初のPから始まり今回はPツラだなとほくそ笑むが・・・・、でたらめに。

はずしまくってバインンの7万PあたりになったあたりからBにしか賭けないと決めたところBシューとなった。8vs9、7vs6、0vs1勝ちなどベットアップオンパレードど万Pベットがことごとく成功!

で最後のBツラが終わったところで終了(8vs9あきらめがつく)

なんとかチョイ浮きになったのでエドゼンにて日本兵35、US3を開放した(ペソ嵩張るなー数十万円程度で)

最後はカリビアンで浮きを減らしたものの疲れ果てて早朝飛行機に備えておとなしく就寝。

でこれでスムーズに帰宅できればよかったのだが。

ラウンジは入れるので空港で飲み倒すかー、と入ってみる。でTomiさんと合流してフィリピン最高なんて思いに耽っていると成田空港でトラブルのためディレイとのこと。しょぼいクーポンもらってまずいステーキなどを貰って談笑している間はよかったが、戻って待つこと数時間、飛ばないらしい!

滞在を延長しても問題なさそうなTomiさんはホテルにいくも、こちとら帰らねばとラウンジでもめる事20分ほど。なんとか関空行きのTGをゲット、しかし国内移動は保障できませんとのこと。

久々のTGは機材はよくブラッディマリー&ワイン攻撃で爆睡。お相手はハスラー2、勝負師必見。

で関空にはさくっと着いたのでインフォメーションで事情を話すとNWからの使者が。羽田に連れて行ってくれと懇願するも新幹線しか補填できないとのこと。ごねる気力・体力なく緑席にて自宅到着は23時過ぎ。18時間くらい移動&待ちで散々の帰路だったマニラは楽しい、貧しいし汚いけど陽気さがいいんだよなー。

とハッピーだらけでもないのが日経の上げ(泣)相当まずいことになってるぞと。

2009年3月22日 (日)

マニラ三日

増えも減りもしないままの一日だった。us卓は閉鎖されペソ勝負での一日いいときもあったが食事後(孫さんごちそうさまでした)急降下でbr50%割れでバイインパンク。
安酒で不貞寝して朝6時から最勝負して半分ラインには戻る。

ハイアットというかマニラには3カードがないのでカリビアンしか逃げゲームがないのがつらいなー。

短パン以外はクリーニングに出したのでカジノには入れないため、夕方以降に最終勝負を掛けるつもりだがマニラ娘を冷やかすもよしだし。

とりあえず市内観光しにぶらついて考えよう>今日の俺

今日一日が精一杯のマニラ市民を見ていると、長期的な悩みをウジウジ考えてるのがアホくさくなってきて明日以降ラクに生きられるかな。

2009年3月21日 (土)

マニラ二日

あまり眠れずの起床、部屋を当初予約のシングルに移動して野球観戦。で安食堂で軽くビールしてプールでまったり。Pict0036 今後の展開を考える。Pict0035

BRは半分になって、残りはたんまり時間はある。といいながら博打以外に予定なし。ならば飛ばないことだけを考えて少しずつ使おうと。

5万円もって両替所に。(25500P)でテーブルホッピング開始、んが全然当たらず。でそのお金を溶かしそうになったあたりで何とか踏みとどまる。

でじわりじわりとプラスになって一安心。USテーブル見に行くと孫さんがいたので、夕飯後打ちましょうとのこと。その後カリビアン(JPなし!)でストレート二回出したりしてプラスが増えていく。

USテーブルで応援しながらバフェで夕飯をビールで流し込む。で応援も飽きたしと下で打っていると、夜間偵察にでも行きましょうとのことでLAカフェ、エドコンと下品バーめぐり。
エドコン18時過ぎは人が少なく活気なし、数人お気に入りがいたがそそくさと向かいのヘリテージに。で再度勝負開始。

ここではさいゆうきさんとバッタリ。で一緒に打ち更なるプラスだったが、逆張り連中との抗争などして終了。孫さんと一応プラスでハイアットに戻る。

でUSで打つか迷ったが2階のペソ卓で勝負開始、ここは酷かった。てかあの罫線で打ったらいかんわなと。

で折角倍になったプラスをほとんど溶かしたった8000P浮きにて終了。(最終ハンドはP勝負、B3に対して劇的なP2から3サイドツキツキ、これは寝ろってことだな)

先は長いなー。

フォト
無料ブログはココログ