マカオ

2010年1月12日 (火)

LCCは便利だったが初戦負け

仕事を定時に終えて即効で日暮里に。イブニングライナー売り場には行列が、なんとか買えたが乗れなかった人もいたようで、次回からは余裕持って買わないとな。

空港到着すると、いきなり知った顔が。で搭乗手続きすると何か込んでるらしく期待していたエコノミーファーストは無理っぽい。直前4万円で買えたとはいえガラガラと聞いていたんだがなー。ツアー客が大量にいるようだ。

で仲間と食堂にて出発まで談笑。なにせLCCなんで何も出ないのわかっているのでうどんをかっこんで免税酒をペットボトルに移し変えて睡眠薬完成(笑)

搭乗するとやはり込んでいる。ただ非常口席が空いていたので強引に座り込んで少しはラクできた。でもヒマだったなー、の4時間くらいか。

1週間ぶりのマカオ空港着後はスムーズに入国。ただ仲間のリスボア行きリモはフル稼働状態で着てなくて販促とともにタクシーでリスボアに。

深夜着ではホテルとらないので早速エリートルームで仲間に挨拶。ルーム内はこっそりビールは飲める。NNチップ待ちの仲間を尻目に現金チップで少し遊ぶ(min500~)。結局サウナにとまりにいくことなく中で食事などとりながら睡眠薬を飲んで昼まで。

負けて眠くなったのでプレジデンテにチェックイン。P1000006 P1000008 禁煙ルームからの眺めはまあまあよくて(日月二泊で1400)快適に夕方食事会まで就寝。

シャワー浴びてさっぱりしたとこで再度ルームに。日本人で満卓のなかツラ作って調子いいテーブルもあったが我慢して食事会に移動。

セドナまでリモで移動してマカオ料理を堪能。ワイン攻撃でいい感じ、イワシやスペアリブがうまかった。一部おごりなどあったが食べて飲んで200ドル。

十分満足して一度眠りに帰ったあたりから記憶なし。

日曜はあまり打たないつもりでカジノをうろうろ。先に帰る仲間を見送ってちょこちょこ打つもいまいち。

夜になったので鍋を食べに近くまで出る。ビールワインを鍋でやっつけて〆にご飯や麺(いいダシ)をお腹一杯食べて少し負けを癒す。

運動がてらホリデーイン、プレジデンテをホッピングして安テーブル回り。

で再度ルームに戻ってから、テーブル物色。敗色濃厚あきらめモードなんで無理せず、ホテルに戻り50ドルBJをじっくり打つ。意外にBS守って好雰囲気なのでじっくりと。また100ドルバカラでも好調で持参金2/3まで戻った。

しかしここで打てばいいものを再度ルームに戻ってみると、なんと挨拶して香港から帰った仲間が!大笑いしたのち、共闘しましょうということでカードを作ってローリングに参加。明け方まで耐えていたのだが最後に悪い流れがきてギブアップ。黄色い札5枚を残して、これを三回転がしてチャラにするかとも思ったがあきらめることにした。最近根性ないんだよなー。

で雨の中ホテルに戻り少し寝ることに。なんとかアラームで起きて撤収開始。最後もルームで仲間が倒れ尽きるのを見送り、リモで空港に。足元の広い非常口席の隣は仲間で、傷をなめ合いながらの帰国。爆睡できたので快適な機内となった、次も行くならビバマカオだな。

持ち込んだ額が30万円と少な目だったし、数万円とはいえ持ち帰ったので負けたとはいえ内容悪くなし。食事もまともに食べたし。

ただ初戦なんで勝ちにこだわりたかったなー。VIPルームで打つというのは諸刃の剣、挨拶・応援の場と割り切って勝負はヒラ場に徹するのが正解なんだろう。

仲間と打つという魅力・・・・。どう付き合っていけばよいか。

2010年1月 3日 (日)

アルティラから回力

タイからの帰り道、P1000014 とりあえず誰かいるかなとアルティラに行くことに。ただ運チャンがなかなか理解してもらえずなんとかGO。

5階くらいまで探すも知った顔はいず。少し寄り道代でももらおうかと一般フロアにて絞ってみるがいまいち。で狭いフロアで安バカラやBJをするも増えない。

ここのBJはパーフェクトペアがある。また「裸銭」をそのまま置けるなんてのは短いカジノ人生でははじめてかも。

でふと見るとたろさんが。

余裕の浮きをかましているらしく、ダメ中国人を相手に人間罫線で生き血を吸っているようで。

こちらはとっとと浮きたいとウロウロするが・・・・。結局最後に自殺して一旦本島に戻ることに。

最後は回力だろう!(カーサや金龍も考えたが)

500、1000、1500こんだけの3連勝でチャラだとテーブルを物色しようとすると、なんと奥が閉鎖されている。土曜の夜なのにさびしいこと。

で500負ける、1000負ける。やばい半分になっちまったと500・・・・負ける。こりゃダメだと立ち張り止めてじっくり罫線おいかけることに。

なんとかBヅラを一人で作っていてプラ転したのだが、なんとシューの途中なのに終わるから他のテーブルに移れとのこと。MIN100なのに三宝はMIN50(アルティラは25)なんでもう行かないかもなー、寂れた鉄火場。

少し浮いたとこで3時半過ぎたのであきらめた。

帰りのバス乗り場、少し遠くなったか。5:10、5:30ですA11空港行き。

徹夜で疲れたなー、帰りの飛行機ワイン呑めるかな。香港空港のデルタラウンジわかりにくいなー。P1000043

2009年12月30日 (水)

オーラスマカオ小銭勝負

午後なんとか仕事を終わらせて京成経由でなりた空港に。今年一番の混み方
のようだったが乗務員優先ゲートからだとあっさり。ラウンジにてシャワーを浴び
てなんとか二日酔いから復活。P1000001 ビールを流し込んでおつまみと洋酒。

A330シェルフラットは快適で「パブリックエナミー」途中で
断念してお休み。

あっさり到着すると、A11バス(往復65ドル)でフェリー
タミナルに。24時には間に合わず24:30のフェリーにてマ
カオ入り。着後リスボア目指すが友人はお休みのようで軽く
絞ってからは、恨み返したかったプレジデンテ、ホリデーイン
、と負ける。といっても100ドルから300ドルくらいで打って
いるのでトータル2500ドル負けで酒を買い込んでフォーチュナサウナにて寝る
ことに(素泊まり食事・ソフトドリンク放題298ドル)。

1000ドルってそれなりに大きいローローラーと打ったのがよかったようだ。年
明け回収するかな。
幸いなことにサウナでいがちな、怪獣のような鼾を立てるオヤジは離れていて
快適に眠れた。翌朝もリスボアでバカラ。なんとかプラ転したが、飛行機までま
だ時間あるなと打っていると再度沈みの世界に。BJや大小カリビアンなんて
のもしたがイマイチ。リスボアは100ドルミニバカラが好況で不景気なんだな。

昼過ぎたのでタクシーでマカオ空港に(60ドル)。なにも無い空港だが綺麗。
P1000007

2009年6月 1日 (月)

マカオで大負け

Pict0100 早起きしての成田空港、JALのカウンターにて非常口席をゲットしてこりゃ幸先いいわとラウンジで水割りでまったり。
搭乗口にて知り合いに挨拶して機内ではワイン攻撃にてグラントリノを鑑賞。これもう三回目くらいの視聴なんだが途中で酔っ払って最後まで見れなかった。

空港からのフェリー出発30分前到着の便で走る必要あるかなと思ったが、空いていたのもあったようで1時間前の到着だったので余裕でフェリーの高級席を確保。ここでキャセイ便の知り合いも合流してしばし談笑。

フェリーでの食事はイマイチ、これっていくつか選択できるようだったと知ったのは帰りのフェリーでのこと。

到着するとお迎えがきていてワゴン車で星際酒店に。チェックインするも部屋の用意まで30分かかるとのことでプログラム手続きをしに10階に。円のレートが1万円=780ドルと悪いようなので近くの大豊銀行にいったが円が多すぎたせいか?両替してもらえず。

あきらめてカジノにて125000ドル=161万円くらいでNNチップ購入。

部屋に荷物を置いて早速ローリング開始。順調に消化して皆で盛り上がる。サンズからの知り合いが負のオーラを持ち込むも問題なくローリング完了。夜ご飯は酔っ払い海老などいただいて至福。Pict0092 Pict0098

で浮きが深夜になって落ちず4万ドルほど浮いてから調子こいてビッグベットしまくっていたら・・・・。

有料マッカラン18年=160ドル(チェックアウト時請求された!)を飲んだくらいで泥酔はしていなかったが浮きをすべてとかして初日終了。

翌朝、せっかくだから1.25%プログラム申し込もうとするも、すでにプログラム参加だからだめとのつれない対応。ここでとっとと別のカジノに行けばいいものを開いてるテーブルで一人勝負開始、でたらめ罫線に苦しみ取り返しの万ドルベット攻撃がことごとく。

昼までにきっちり転がされて10万ドル消失。呆然としたままパーティに行くも全然楽しくなく・・・。相変わらず時間配分できてないなと打ちひしがれるも知り合いとの会話で少しだけ癒されて。

パーティー後はサンズ組がローリングで揉めているのを尻目に増減しないままジリ貧。なんとかとバストはこらえて。

夜の楽しそうな食事、負けている仲間と「うちらが落ち込んでて辛気臭く参加しても周りの迷惑だで」と辞退しようと思ったが気を取り直して参加することに。

でも行って良かった、ミル貝は絶品だった。あわびは前回も食べていたのだが。脊髄なんて珍しいのも食べて、〆の麺もおいしくいただく。お酒も入ったので食後は楽しそうにカジノホッピングしに行く仲間とは別れて疲労困憊につきホテルで就寝。

土曜深夜というか朝近く10階に行くと苦しい連中が戦闘中。一時はよかったが叩かれた同じ境遇の仲間とだと打ちやすい。

だがベットアップや声だしなどに力入らず、淡々とフラットベットなんで負けも勝ちもしない。

悔しいかな一番取りやすい罫線がきたのはチェックアウトをして帰る間際の11時ころ。そこで少し増やして10万ドル負けをきったところでタイムアップ。

すでにポイントが22万P(400P=1ドル)でフェリーは確保していたので清算だけだとキャッシャーに行くと預けた全額ないと日本円は返せないとのこと。そんな馬鹿なとしばし揉めるも、リモの待ち合わせ時間があるので断念。仲間は再両替できないとのことだし、先日の5万部屋プログラムも工事中で不可とのことで散々のVIP扱い。

フェリー乗り場ではなぜかチェックイン時に不気味な手数料20ドルとられるも問題なく空港に。

仲間にキャセイのラウンジ(ビジネスは経験あったがファーストは初めて)に招待してもらって出発まで歓談。

機内ではワイン8本飲んで爆睡できたのでよかった。グラントリノの結末はいつわかるのかという状態で早く着いたが検疫うんたらで到着時少しまたされた。

久々に大負けしたのでしばらく放牧します。金持たずにマニラでリハビリかな。

2009年5月19日 (火)

スターワールドプログラム

Pict0081_6 ミドルローラー?向けのコンププログラム。同様なのはゴールデンドラゴンやカーサリアルでも見たことはあるがルーム特に週末でもOKのようでお得度高し。

左:5万ドルのNNチップ購入で朝飯付部屋

右:1日1回NNチップ購入で以下のキャッシュバック。

 1万ドル→1%(100ドル)、2万ドル→1.125%(225ドル)、5万ドル~10万ドル→1.25%(625~1250ドル)

2009年5月 7日 (木)

グルメ三昧バカラ天国

結果20万円チョットの負けで帰還、持ち込み50万円だったので半チギリと。

行き、混んでいるかなとやや早めの成田到着だったが拍子抜けのガラ空きであっさりNWラウンジに。ここでシャワーあびて麦酒流し込んでの搭乗。

機内ではワイン攻撃で前夜禁酒の寝不足には快適な睡眠で起きたら到着の理想形。しかし随分早く着いてしまったので待ち合わせの友人には会えず。

フェリーに乗ってタクシーで金龍に。翌日からの宿泊のため荷物を預けようとクロークに行くも有料とのことでカジノに預かってもらう。向えの両替商で5万円=3700ドルに。

ホリデーインでオリオンさんと待ち合わせてうちまくる。朝方別れてマッサージ屋にて仮眠。雑魚寝のおっさんの爆鼾にて快眠できず。昼飯を食いながら免税酒にてうとうとしたのち14時にチェックイン。夕食まで惰眠をむさぼる。

食事待ち合わせ場所はMGM中庭。ここから本格中華だべといろいろ魚を指定して豪華なディナーを。

食後はオリオンさん推奨の場末すぎるカジノ(ネオンなし、狭い、カクテルガールなしの自動給水機のみ!)プレジデンテにてこつこつ稼いだ分をすべて吐き出す。

その後いろいろ転戦したが記憶なし。ただサンズにて良い罫線求めてうろついていたら豪腕中国人がいた。
たいした罫線でもないが300ドルテーブルなのに万ドルチップを数枚はるとあたるおじさん。あまりの勝率にオリオンさんもちゃっかり椅子を確保して相乗り。

ほとんど持ち金ないので観察だけしていたが全然負けないおやじだった。DIFF分きっちり相乗り組みまで置かせてきっちり勝ちきる。かっこよかったなー。

二日目は地元にて勝負すると調子よく負けを取り返す。ここでも1個3個の罫線を作り始めると相乗り組多数で人垣が、こりゃ昨晩のサンズ状態だなとほくそ笑んでいるがあっさりドライバを奪われる(泣)

当然罫線は崩れて・・・

朝遅くの朝食バイキング食べ倒しなのでランチなしで腹ペコのディナーへ、待ち合わせ前に軽くリスボアにて3カードを。浮き確定ののち、ワインを飲みながらセクシーショーを
みながらリゾ。

ディナーは好彩火鍋であわびシャブシャブ。紹興酒とともにグルメ三昧。贅沢ディナー二晩目で盛り上がったところでMGMでバカラ。おりんは不調だった。
一度もドローが出ない珍しい罫線を体験。

飲みすぎ(酒ただなので)たのでタクシーにて帰還。朝までホテルカジノでまったり。

最終日、暖かいのでプールに。しばし泳ぐが中の食堂から丸見えなんで居心地悪く少しの時間で退散。ここまで少しの浮き、でもさらに飛行機代くらい勝ちたいと欲が出たところで・・・。

はい綺麗に溶けてしまった1万ドル。ものの1時間だった、ひどかった。

で滞在の勝ちは諦めて10万円追加トータル、25万円両替。率のよい大豊にて7700ドル。食後最終勝負にとっておくつもりだったが、まちあわせに早くつき3カードで1000とかす。

ディナーはMGM内のイタリアン。牡蠣白ワインなど頂きヘロヘロに。ディナー平均1万円と豪華な三日間を締めくくる。

でそのまま最終勝負だったがいまいちで結局バスト。見せ場は相乗り従えたキャロさんさったが不発だった。

20万円程度ならば許してやろうと、ロスカット許容して勝負終了。率の悪いカジノでは両替するきもないし。

ホテルにかえってCLを最後まで見ようと思ったがマンUが強すぎ。で9時前の飛行機なのに早すぎ?の4時フェリー。でも結果これでよかったかな。6時フェリーはさすがにぎりぎりかも。

ラウンジでワイン攻撃で睡眠。機内でも飲み倒しての帰国となった。

マカオ名物人垣バカラを数手楽しんだ見学代と思ってよしとしよう。でもNWの時間や、フェリー&バス移動は面倒くさいなー。なんでNWループ(まにら=東京=香港ビジネス10万弱)続行するかは微妙だなー。

帰りの成田ではブタインフルのせいで余計な書類があったが無問題。

2008年11月25日 (火)

マカオいまいち元気なし

夜勤明け、日経225でロスカットして慌てて空港に向かうもカウンター着は出発55分前。当然のごとく「遅すぎ、もう席なぞない!」と怒られて前夜確保したエコノミー優良席なんて関係なくも通路側確保。

機内では録画したDVD&誘拐犯なる小説&有料のワインにて快適だった。

で香港到着は30分くらい早かったので駄目もとで直行フェリー乗り場に行くも不発(22時最終?で21:50分)だったのでおとなしくバス乗り場にてA11往復65ドルにて上環を目指す。

フェリー乗り場に下りると、知った顔が!で一緒に行きましょうと168ドルの23:15でマカオに。かなり綺麗になった船&相当空いて快適な60分弱で航空情報をいろいろ(NWマニラ=東京=香港の10万はお得!)聞いてマカオ入国。

気候情報調べて来なかった短パン+Tシャツには厳しい二ヶ月ぶりのマカオ。タクシー乗り場は拍子抜けに少なさであっさり16ドルでメトロパークホテルに。

で荷物だけ置いて、知り合いお勧めの徳興なるレストランにてシャコ、トリ、野菜を魚にビールと白酒でアジア四方山話を。ウェーターの感じいいのががイロイロお勧めしてくれたので助かった。

で酔った状態でホリデーインカジノで軽く初戦開始。いまいちで30分ほどで終了してホテルに戻る。1000ドル程度の負けだったが納得行かず酒を買うという名目で金を補充して再度カジノに。

数手で戻して終了し、安ウィスキーを買ってホテルにて撃沈。ホテル週末相当安くなっているようで、各カジノはいつもの活気が無くなっていたような。

翌朝はカジノめぐりだと、ワルドやサンズやリオに片っ端から。調子よく増えてこりゃ簡単だといつものポルトガル料理屋にて時価ウナギを奮発。赤ワインを大量に摂取して少し両替するかとホリデーインに。

そうです、酒が悪いんです。
ビッグベットをことごとく外し、浮きなどすぐなくなりあっというまにパンク寸前。

ラス前ビッグベットは8で負け、オーラスビッグベットはチャーシューと・・・。

残った数千ドルは明日の共闘に備えようと、土曜夜前なのに終戦を決意。

イタリア蹴球を魚に深夜まで飲酒。

翌日ネットいじっていると(ホテルで15分まで可能なクーポンくれた)電話で誘われてリスボアそばにて飲茶。おいしいご飯で気分癒されてからポンテ見学。ここで川国境超えの方法を教えてもらったので、次回があれば試そうかなと。

でポンテ、リスボア、サンズと負けを重ねる。ワルドが一番相性よかったしシックに落ち着いてうてるのでよかったかな。

なけなしの香港ドルは回力でジエンド。最後は初挑戦だが意外におもしろい3公バカラ
でまったり自然死。

お土産にとドリアン(匂いで隣人には大顰蹙!)買い込んでホテルにて荷物をまとめてタクシーでフェリー乗り場に。176定価を160で売っている人を無視して行きと違って汚い4時発は随分揺れたが自棄酒のおかげでゲロせずに。

バス停に向かうとちょうどきていたので走って乗り込む。

空港ではラウンジにてさらに朝酒がぶったおかげで機内ではベジミール食べた以外は一瞬も起きず快適だった。

今年最終?戦、も負けて(厳密には年末韓国GG経由するが)散々だったなー。とりあえずカジノに飽きがきているのは間違いなので率先して予定を入れるのはやめようかと。

2008年9月 7日 (日)

微勝で連敗脱出inマカオ

親孝行ツアーでマカオにいってきた。結果は少しの勝ち、連敗中だったので素直にうれしい。

当初はマカオ航空の直行便が売りのツアー申し込みだったが、マカオ政府の都合によりフライトがキャンセルされJAL香港便の時間に。

なんで往復待ち時間の辛い旅。

母親添乗員として昼間の観光などしてカジノは夜だけ。とまったホリデーインのしょぼいバカラがほとんどだった。(酔っていたので出歩くの面倒くさく)

ぶらついたのはサンズ、ウィン、スターワールド。改めて禁煙フロアーのあるサンズに惚れ直した。

罫線マシーンを回遊してツラさえ追えばほぼ勝てるというオカルトをさらに確信。

加筆2008/9/8

成田の朝便に向けて7時過ぎのスカイライナー。ツアーって登場手続きが面倒くさい。(連れが荷物預けるので)

機内の設備は映画が流しっぱなしで見れない、ワインがぶがぶなんで問題なかったが。

空港では入国せずのフェリー直行、所定のカウンターにてバウチャー見せて発券。帰りはバウチャーなくしたがフェリーターミナルでパスポート見せてOK。

到着で迎えがいたはずだが、探すの面倒なのでタクシーでホテルに。ホリデーインまで20ドル弱。

ホテルは狭い部屋でしょぼかった。でもここのカジノで勝ったのでよいホテルということにしよう。3Fに麻雀部屋があるがフリテンありのようだ。詳細不明。

スターワールドでは1万ドルからキャッシュバック(1%~)をやっていた。

香港空港ではWIFIの無線LANで時間潰し可能。

Img035 Img043 Img044_3

2008年4月30日 (水)

ついにマイ転、楽しいけど相性悪いぞマカオ

今年のGWは分断されているため北米や欧州などは厳しいのでJALマイルにてマニラか香港だべと予約してみると香港がとれたのが1ヶ月ほどまえ。

夜勤明けの眠い体で空港までのお供は新規購入のノートPC。空港は結構混んでいたが余裕の搭乗。空港からは21番バスで予約していた安ホテルは6000円もしやがるのに3畳程度の激狭!Img747 コスパ最悪だったが立地条件はよく、フロントで無線LANは使えるので許せる範囲か。

香港滞在なんて10年以上ぶりだったが、目的の臭豆腐食べてスポーツバーでプレミア大一番見たくらいか。Img756

2日滞在後、日曜昼マカオを目指す。地下鉄にて上環に行きホテル選びをするもイマイチだったのとカーサリアルのコンププログラムがあったべと、予約せずに乗り込むことに。

二日酔いには少し揺れがきつかったが何とかゲロせずに到着。

でサンズに向かい荷物を預けて身軽になったとこで、小銭で軽く勝負。
少し増やしてカーサリアルに行くとルームコンプは3万ドルNNチップとのことで予算オーバのため断念。その後リスボアあたりまで歩き両替商を比較すると、リスボア内銀行よりもいいレートだったので10万円だけ替える(10万円=7230ドル)。

で近くの代理店にてカーサを予約(一泊600ドル)。再度サンズに行って少し勝ちホテル代確保でカーサにチェックイン。ルームコンプは無理だったが5000ドルNNチップで25ドルCB+バフェ券だったのでこれを使用することに。

この程度のローリングならばすぐ済むので気楽。で直ぐ消化し腹減ったのでバフェを試すも・・・。まーバフェだなというお味。CBだけで十分と割り切る。

初日くらいはリゾだと、夜ドッグレースに行くことに。フロントで聞いて紙に書いてもらったのでタクシーはスムーズに。10分ほどで貧相なレース場に。とそこにばったり仲間が大勢来ていた。Img774

10ドル払って入場して、数レース見たが予想していたとおりだったので大して感動もせず。早いレースのせいか票数が少ないようでオッズもころころ変わるし新聞も読めないので記念に買うつもりだったが断念。

レース場の向かいの屋台でドリアンを発見したため一人分に多いかなと思いつつ小ぶりなやつを購入。それでも最終日まで冷蔵庫にいれっぱでおやつ&小食用として重宝した。

Img780

さて帰ろうとタクシーを待つも、辺鄙なとこのようでなかなか来ない。待つこと20分ほどでようやく捕まえてホテルに帰還。

そこからホテルで勝負開始。深夜順調に勝っていて27時くらいに止めるつもりで部屋に帰ったのだが、寝付けず朝までやってしまったところやっちまったのバスト。といっても安いレートで打っているのでイエロー1枚マイナスで初日を終える。

さて今回見学を兼ねてホッピングしたのはMGM(勝)、エンペラー。ちゃんと打ったのは回力(負)、カーサ(負)、サンズ(負)。瞬殺されたのがマンダリン。

Img782

今まではサンズばかりだったが、評価は下がった。罫線マシーンがないのは厳しい。あと回力、マンダは100MINというのも庶民的だ。まー回力は古さは否めないので新興に比べるとどうかとは思うが。てなわけで安く快適となるとマンダが今回では一番よかったのだが結果は日曜惨殺されたので。

その日曜はプールに入り、散歩をしていつもの大豊銀行で両替(10万円=7380ドル)してカジノホッピング、ウィンはパスして綺麗なMGMに初入場。まだ完成していなくて、少し辺鄙な海よりだがなかなか快適。少し増やして、今度はギャラクシーだと裏道歩いているといつのまにやらマンダリンまで歩いてしまって。

サンズにいくつもりがマンダに入ってみると、空いているしMIN低いしということで一人座ったのだが。前述のとおりまたもほぼバスト。少しキレ気味だったのは事実かも。

うなだれて残った1000ドル札数枚持ってサンズに。フェリーくらい貰えるかと思ったがポイント足りず、やっぱ200で打っていたらたまらんのか。

でいつも行くポルトガル料理を少し食べて終了。まだタマは残っているがこのままやってもバストするのは間違いないし、率の悪いカジノレートでの両替やだなとおとなしく寝ることに。頭割れそうなまずい白酒のんで撃沈。

最終日、回力で絞る&ツラを作ることだけを目的に一人テーブルを開けMINで絞るも、3つも行くとすかさず誰かが入る。でテーブル変えるの繰り返し。

増減しないので部屋に帰りチェックアウト。今回は初めての空港行きのフェリーなので勝手がわからないので30分前くらいに行くことに(いつもの香港行きなら15分前)。

まだ時間あるぞとカーサを除くと一人Pツラ作成中。入れてもらって少し増やす。ただ14ツラのとこでオジサンなぜかやめる。なんでだーとこっちはチップをおくもどうぞとのこと。(そのおじさんはタイ+トイツだけ)俺にまかせろと時間的にも最後の素材は土台+3ピン。いつもならBを開けさせるとこだが旧カジノはそれが許されないのでじっくりと点付け。で一応最高形、いい思い出だとオジサンに鼻高々と見せ付けて叩きつけた。

結果は今回の負けを象徴するかのような。「おじさん、よく引いたなー」と目で合図して撤収。

さてフェリー乗り場は結構混んでいる。12:30発のに11:50分だったがなんとか間に合った。200ドル払って船内に。待合場もえらく混んでいたので隣でゆったりシートで海を眺めて乗船。

降りてからはチェックイン、返金(なんだこりゃ、嬉しいけど)、バス移動(結構長い)、空港内移動を経てようやくゲート40に。ここは無線LANが入るのでヒマつぶしには困らず。

帰りの飛行機ではワイン4本やっつけて短く快適な空のたび。

ついに負け20万円弱と、まだ笑ってられる額だがマイ転はマイ転。なにか変えないといけない、それは何だろうと考える時期か。

といいながら土曜からの休みに向けてソウルが呼んでいるなー。

2007年10月10日 (水)

二桁ツラもみれないとは~一年ぶりのマカオ

環太平洋カジノ周遊シリーズ第三弾(カンボジア、フィリピンに次ぐ)は世界最大のカジノ都市一年ぶりのマカオだ。

SNSでの仲間数人と「日曜昼飯はリスボアの刀削麺」を目指して行ってきた。

結果は僅かながらマイナスと残念だったが笑える範囲(いわゆるイエロー1枚)で終わった。

<初日>
土曜15時、「17歳のカルテ」がおもしろく最後までと予定していた京成を遅らせることに。成田空港到着が50分前とちょっとヤバいかなと思ったが。で空港のシティでやや気合の一本降ろしてNWのカウンターに行く。香港行きを告げると「1時間前切ってるぞ乗せられません」揉める事10分、他社便の振り替えやら上級席へのUGやら不埒な考えなど微塵も感じさせない頑固な職員の態度にややひるむ。「確かに1時間切ってるからマズイよなー」と思いつつ友達との待ち合わせもあるし乗らないわけには行かないということで温和な僕も意を決して大きな声でお願いしてみた。

次回からは流石に1時間は守ろう >俺

でなんとか出国してターキーを買い込みペットに一部寝酒として移し変えて持ち込むも没収、それはいいとしてもサンダルは脱がされ足指までチェックとはやりすぎだろう。

AOさん、ソノさん、かにさんとなんとか会え確保した非常口席にて、珍しく有料酒など(変な日本酒マズー)Img348 をやってつまらなない機内映画(スパイダーマン3)はパスして到着。PC&DVD持ってきたのにバッテリー忘れたのが痛かった。

空港からは11番(往復だとお得)バスにてフェリー乗り場に。2階席にて4人で話し込むとあっという間にフェリー乗り場に。帰りの空港行きバス乗り場(少し離れている)を教えてもらってチケットを買う。4人用席もあるとのことだったが割高(一人あたり1500円くらい高い)だったので通常席に。

揺れる事1時間段々疲れも出てきて皆元気が無くなってきた。到着後タクシー乗り場は混むとのことで慌てて行くも噂どおり。30分は待つとのことでバス乗り場を見に行くも駄目らしい。諦めて並んでいたところ、前方に少し前のJAL便の仲間を発見。声を掛けつつ割り込み(笑)待ち時間短縮だがこっちでは常識とのこと。

大きめのタクシーにてコタイ地区に20分ほどで到着は巨大なベネシアン。いつもは本島なんだが仮眠部屋Img350 Img351 としてのAOさんの好意に甘えた、が結局カウチやシャワーを使うことはなく荷物置きとしてのみ使用。

着いた瞬間、さきほど弱っていた仲間も急に元気に(笑)なり飯食って打ちましょうということで両替(20万円=12780)して飯に。中央部分にて天心をまるさんも一緒して頂く。

メンバーズカードは同資本のサンズで共用とのことで更新などせず。二百MINの一般テーブルにて皆で打ち始めるが全然駄目。

テーブル変えてメキシコ人カップルと和気藹々と打つもやはり駄目。飲みますかということでテーブルでカクテル攻撃開始。酔っても駄目で、さらに流れ変えようとハイリミット5百MINに行くも・・・。結局AOさんはバスト。かにさんやまるさんも疲れはてて未明には帰還。

でそのさんと一般テーブルにて朝方悪あがきするも・・・。バストこそしなかったが半分以下になって終了したのは9時過ぎか。そのさんは少し浮いたようで。

で部屋に荷物をとりにいきベネシアンをあとに。カジノだけの印象は
・ディーラーは愛想ない、コミッション付けも怪しい××
・見渡せるほどの広さでハード面は○
・客が少ないので盛り上がりがいまいち△
なのでカジノ自体はよくない。そして何よりもカジノや街の渡り歩き好きの僕に立地が悪すぎ。(夜中しかいなかったので未確認だが)

<2日>

約束の麺には時間ある10時過ぎだったが仮眠しとこうということで前回も利用したマンションホテルに。翌朝まで100の部屋は20年の旅歴で最も狭い部屋だった。汚い共同シャワー浴びてアラームセットして就寝。

で12時過ぎに起きて初のグランドリスボアに。エスカレータにて上ったとこに目指す麺屋が。JAL組のやまかんさん、BJさんも加わってモッチりしたスッパ辛い麺をいただく。システムとしては麺、スープ、具を選ぶようで写真&英語つきでわかりやすい。ビールを共にカジノ談議。名物の長い筒で注ぐお茶で〆て皆でテーブルを開ける。Img352

おりん君も受けよく少し浮いたところで全員寝不足とのことで2時間ほど解散。BJさんと帰りながら翌日国境行きを約束して部屋帰るつもりが途中金龍、カーサリアルにて軽く遊んだところ少し浮いた。

で気分よく帰ったのに部屋があまりにみすぼらしいので意を決して部屋を替えることに。

マンションの下には代理店があるので5百でプール付で安いカーサリアルに。結局泳がなかったしサウナも工事中(廃止?)だった。

<3日>

ターキーを流し込んで夜中までたっぷり寝て起きたら26時。サンズを目指すべく酒ペットボトルを持ち込むもNG、で一旦隠して入場。JAL組との待ち合わせ場所に行くとやまかんさんが調子よさそう。で二人して別のテーブルに移動して勝負開始。途中酒をとりに行くとばったりAOさん&かにさん。
連休と重なった月曜朝4時フェリー満席とのことでNW朝便に間に合うか厳しいかにさんも交えて打つ。結構調子よくほとんどチャラになった。

やまかんさんもずっと好調のようだがAOさんは駄目なようで朝方カジノで天心を食べ解散。16時間ぶりの食事だったのでおいしかったImg354

解散後1F禁煙で今回初のBJに。サンズでCSMではまったく勝てる気がしないがプレーヤ観察と割り切って3人いるテーブルに。打ち方は16ステイ以外はいたってまとも、でもボックスの開閉がなー。

で少し溶かしたのでチャラにすべくバカラに行くと絶好のツラ発見。ここで
6回分ほど乗ったおかげで浮きに転じ&ホテル代も出たので延泊確定。

ホテル付近を散歩してから電話してBJさんと国境行くべくサンズに戻ったのは11時すぎ。BJさんが格好悪くベットアップを決めたとこでバスでボーダーに。20分ほどで到着。Img356

Img357_2 

確かマカオも中国だったので国境なの?なんて無知な状態だったが一応国境然としていた。無計画だったのでマッサージして軽く店でも冷やかして飯食って帰ろうという感じで中国入りした。意外に都会なので地下街インフォメーションにて地図ゲット。粗い地図に「温泉」の文字を見つけたのは食堂でビールを飲みながら。

バスもあるようだがよくわからんし時間も掛かりそうなのでタクシー奮発。馬鹿に広い道路をすっ飛ばすと段々となにもない南国アジア田園風景に。で1時間(200ドル)ほどで温泉に着いたのだが・・・・。Img359

クアハウス平和島を期待していたが、そこはおっさんには厳しい水着着用のカップル&ファミリー向け施設。遊園地などもある総合巨大施設のようで。また平日昼間ということでフロントは他の客はいないようで静まり返っている。

協議の結果諦めて引き返すことに。帰りはリムジンバス(300円)で帰ろうとしたがなんと香港ドルが使えないとのこと。銀行でチンタラ両替して快適なバスで眠りながら国境に戻ると結構渋滞していた。

空腹なので市場っぽいとこをうろつき食堂にておいしい辛い魚、鳥、野菜をいただきビールをImg360 Img362
2本のんで1000円とは噂通り安い。でマッサージを希望するBJさんとうろついて
それらしい店に。

基本的には軟体でマッサージ不要だが、せっかくだからとタイ式1時間とサウナ(垢すり+イチゴ石鹸塗り)で終了後ビールの飲んで2500円くらい。マッサージは携帯メールに集中しいまいちやる気ない娘に押され&踏まれ&反られまくって満足。

言葉通じない人と密封空間にいるのは苦痛なんでテレビをみていたが疲れででウトウト。

大風呂はなかったが個風呂とサウナ2つ、愛想良く丁寧な店員のサービスを総合すると満足できた。

帰りに待ち合わせしていなかったのでビール呑み終わったら帰るかと怠けていたらBJさんが。たっぷりマッサージコースには風呂がなかったとのことらしい。

巨大な地下街を冷やかし、欧州蹴球Tシャツを探すも無く買い物は0。BJさんはDVDを安価で仕入れたようで満足のよう。

帰りもすんなりマカオサイドに戻り、カーサ行きのバスが少なそうなのでサンズ行きにのったところ、行きと違うルートのようで10分弱で戻った。

今回はこの国境超えのほかにドッグレースも目的にしていたが諦める、しかしポルトガル料理は食べたいなということでいつも食べている店を確認したところ26時くらいまで開いてるとのことで腹ごなしに勝負開始。

ここから地獄の始まりで出鱈目な罫線にマーチンでやっちまった。BJさんも来てやまかんさんと食事しようということだったがうまく合流できず。で調べたポルトガル料理屋に反省兼ねていくとなんと僕の勘違いで24時終了とのこと。

飯は諦めてサンズに戻りやまかんさんとバカラストラテジーの有難い話を聞きながら爆勝ちする勝負にミニマムで乗らせてもらう。ホテルに戻って金とって来て好レートやまかん両替でそれなりに勝負すればよかったなーと思ったが、慣れないリゾ(国境探索)などした疲れで弱気になりチビチビ。負けても笑って済ませられる額なので最後1時間でも取り返しにいかず。

ちなみにいつもは5百で打っていたので楽勝でフェリーポイントは出ていたが今回は2百が多く届かず。自腹で帰りのフェリーは初めてだった。ここのポイントレーティングは打たなくてもカード出していて座っていればいいようで結構いい加減。

途中抜けてホテルに戻りチェックアウト、BJさんへの携帯通話が400円もしたのにはびっくり。公衆からだと60円だったからなー。携帯電話、今後もカジノで遊ぶなら考えねば。ソウル、マニラ、マカオのアジア中心ならどうすればいいのだろうか。>有識者の皆様

で再度サンズに挨拶がてら戻るとBツラで皆が盛り上がっている、2だけ取らしてもらって気持ちよく終了。

挨拶すませてフェリー乗り場着は出発10分前、相変わらずの並びに続き
問題なく乗船。眠りながら上環に。空腹に耐えかねコンビニでツマミかってバス乗り場まで結構歩きまつこと10分、29時30分始発にて空港に。

2時間前到着という珍しく優良客でチェックイン後、残ったターキーをやっつけるべく到着のバーガーキングにて150円もするポテトで流し込む。

機内では空腹という調味料でまずいNWの朝飯も食べてぐっすり眠って帰還。

帰り昼酒だと立石に寄るもうちだも江戸っ子も閉まっているので新橋にて焼酎をやっつけてラッシュ前に帰宅した。

結局純正(タイ無し)10ツラはみれずバカラの本場で人垣作っての大盛りあがりもみれなかったのは不満。

次回は環太平洋カジノ周遊シリーズ最終戦豪州だが間あるしたいして負けなかったし、どうしようかな。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ