トルコ

2011年5月 6日 (金)

旅程なしトルコぶらぶら

110430_140226_3 110429_115243_3 29日
早起きして上野から京成鈍行で出発1時間前に成田空港に。出国は少し混んでたがたいしたことなし。シンガポールに行くカジノ仲間にばったり。
前日オンラインチェクインのおかげでの非常口席でゆっくりいくつもりだったがインチョンの乗り換えが(ANA→KAL)1時間。念のためKALもオンラインしておいたが連休のせいで離陸が遅れ少しあわてるも、ワイン攻撃でおとなしく睡眠不足解消。
起きたら定刻通りを期待したがやはり25分遅れで(KAL出発35分前に)到着。

初めてのインチョン乗り換え、迷わないまでも移動に時間かかりなんとかゲート到着は離陸5分前でセーフ。

そこからの12時間はお酒ナメナメ&アンジーの映画など見て意外に早く到着。

ただ降りてから、電車を乗り継ぎタクシーに乗ったあたりから記憶曖昧で気がつくとホテルに。ネットで取った3000円くらいの安ホテルに倒れこんだ。

30日
起きたら朝、手で開ける古いエレベータで朝食をとりにいく。この後何度もたべるトルコホテルの定番。チェックアウトしてスルタナフメットの安宿街にホテル探しトラムに乗ろうとするが混みすぎて一本ながす。
なんとか到着するがホテル5軒満員!少し場所替えて探すとようやく40ユーロでしょぼい
部屋を確保。僻地とはいえ一応欧州の物価を実感。午前だったので昼過ぎまで入室できず近所を散歩。ブルーモスクにはすごい人だかり。
110430_170024

ホテルそばはうれしいことに人懐っこい猫がたくさんいて、滞在中(といっても30時間くらいだが)随分暇つぶしできた。

荷物を置いて身軽にボスポラス海峡を見にトラムで数分。110430_143442 名物サバサンドはあまりうまそうに見えずパス。適当に誰も歩かないようなとこ散策していると雛壇娘!イスラムにあるのかとうろつこうとすると係員があわてて飛んできて「トルコ人だけだよ!」退場させられる。

あらためて煮込み定食110430_134321 をたべて新市街をめざしてフェリーに。風が心地よいが少し寒く、最初は甲板だったが途中から中に。到着するもあまり旧市街との違い分からず。怪しいバー=アルコール禁止国で定番のおっさんがたむろするビール屋にてごくごくと。

歩き疲れたんで帰りがてらモスクに見学してホテルに。白濁酒とケバブやパンケーキ食べてお休みとなった(酒高いなーーー)

1日
そろそろカッパドキアに行き方決めないとと相当悩む。往復空路が楽そうなんだが、代理店の評判悪いし、バスはしんどうそうだし・・・・。うーん行かないのもあり???
でも今回の主目的だしなー。
で自力でバスを確保して帰りの手段、滞在日数、ホテルは決めずに行くことに。わざわざ
暇つぶしがてらバス乗り場にチケットを買いに行きケバブ定食食べてホテルに戻る。しばしビールや猫とたわむれて20:30のバスに。それにしても有料トイレは面倒くさい。
電車乗り継いでバスターミナルに着くと雨。特に何事もなく出発はいいが4列シートであまり倒れないに加えて横はバス内一番のデブ(泣)おかげで狭い席がさらに狭く。

2日
二時間起きに休憩があり遅い夕食とってなんとかウトウト。横がいなくなってからは靴も脱いでリラックスモードで思ったよりはよく眠れた。水や飲み物、お菓子のサービスがあり
意外に快適。で12時間して目的のギョレメに。当然宿など決めてないのでウロウロ。インフォメーションに行くも沢山ありすぎてわからない。

ふと見るとスクータがレンタルできるとのことで、歩くのしんどいし借りて宿探しすることに。
数件まわってようやく目的にかなうのを85TLで。荷物だけおいてカッパ見学をノーヘルで
開始。110502_103744

まーパノラマからの風景は圧巻だったし、うろついた感じは流石世界遺産だった。うまく説明できないが。二輪の機動力を行かしてガンガンに飛ばす、快適だった。やっぱノーヘル、片手に缶ビールでないと開放感ないな。110502_113953 日本ではいつ可能になるのか(笑)

3時間も走っていると寒くなってきて盛り下がってきたので昼飯とビール買って昼寝。

起きて気持ちよく飲酒運転したとこで夕方になったのでスクータは返してホテルでまったり。

昼寝ではバス疲れはとれず110502_203256 、ひさびさに魚料理をラクで流し込んで早々と睡眠。イタリア語24時間ポーカー番組みながら落ちた。

3日
起きて今日はどうしよう、再度スクータでカッパ巡りかとも思ったが昨日の満腹感でいまいち乗れず。となると移動かとネットで見てるとペガサス航空のイズミル行きの昼の飛行機が80TLと安い。
であっさりカッパを後にすることにした。うーん、気合いれた一番の目的地だったんだが。
まーこのあたりの優柔不断さが一人旅の気楽なとこ。
バス25TLでゆられること一時間狭い空港に。さすがLCC、遅れること1時間でようやく
機内に。やたら狭くデブ多いトルコ人にはキツそうだ。

少し揺れたが到着後は右手奥のバス10TLにて市内に。で宿探しするもほとんど英語が
通じず苦戦。結局50にて古い宿確保。荷物を置いて散策すると、怪しい雰囲気の場所のようで。
まったりとビール飲んですごす。110503_230412 夜はラキを持って街頭テレビでクラシコ観戦。ドラフトビールうまし。

4日
さらに安いホテル探すべと朝飯たっぷり食べて、近所をうろうろ。25にて狭いホテルを
見つけて移動。で地下鉄で移動しフェリーに乗って対岸に。110503_181825
歩き疲れて帰還。再度だらだらポーカー観戦(イタリア語の専門チャンネルあり)しながら
夜のCL観戦に備える。で今度は店内で観戦すべと、ラキ持ち込んで皆がカードやトルコ風
マージャン?してる横で内田応援していたが酒がばれて強制退場させられる。しょうがないのでラキは呑みきってから別の店で観戦後ウォッカあおって帰宅。
だんだんトルコにあきてきた。

5日
もはや何もやる気せず、朝ビール(レモン味)のんでなまけることに。たいしたことない地元ワインを二本あけて終了

てなわけで帰るけど、インチョンで旅費タダ作戦の予定。110506_114724 110505_194708

イスタンブール:観光客多すぎ
カッパドキア:さすが世界遺産
イズミル:だらだらマッタリ、美人多し

酒好きには厳しいイスラムですた。

フォト
無料ブログはココログ