インド

2012年1月 8日 (日)

南インドでバー巡り

  相当遅ればせながらあけましておめでとうございます。ただいま10日ほど探索してきた南インドから帰国しました。

インドには酒呑みにいった。今回周った都市では困らずも、味はイマイチ。どの街にもバーがありビール他は困らず。庶民は蒸留酒を水で割って飲むのが主流でこれは日本も同じか。酒禁止宗教国でも呑み助ならば探せるはず!

12月29日

二日酔いでの起床、ギリギリにスカイライナーにのって成田に。出国ラッシュのようでそれなりに混んでた。でサテライトに移動して寝酒だけは確保。

機内ではより快適にすごすため右往左往。ひたすらワインとジントニックでCAに嫌がられながら7時間などあっという間。

インド入国はすんなりだったが、国内線が40分遅れ。CCでルピー(R)を購入し、搭乗券紛失しつつもチェンナイに。エアインディア3食は最初の日本食がよかったかな。

380でプリペイドタクシーにてエグモア駅に。お目当てのインペリアルは高いとこは満室とのことで500の安部屋に。国際線での酔いが国内線ですっかりさめたので飲みなおすかと寝酒出すも水がないため仕入れにわざわざトゥクトゥクで移動。111230_015551 チキンドーサを明るいオヤジに準備させて。ペプシ(酒はまったくないとのこと!)を仕入れて部屋でまったり。

12月30日
だらだらと数軒の飲み屋を見つけてハシゴ酒を繰り返す。111230_130911 結果チェンナイでは観光0!帰りにも寄るのでよしということでカニャクマリに向けて駅に。チケット無くしたがなんとか乗り込むも完全個室でなく銀行員との道程となった。120101_061854 大晦日の夕食は駅弁50円とは最安値更新か禁酒したのも酒飲み始めて以来だな。

12月31日
うとうとしつつ、新年は花火と共に。同乗の日本産娘(この時期でもエアアジアならばイロイロ駆使して往復3万円強とは流石現役貧乏旅行者)と最終目的地までしゃべりながら一つ屋根の下の寝台にて早朝到着。2011最終日に126日目の禁酒するとは!

1月1日
ホテル探しを試みる。貧乏娘とは予算違うので別れて。すごく潮風が快適。 無難な海が見えるホテルに落ち着き、酒場探し。
晦日に呑んでないとは何事!手の震えが止まらない。が、酒場は三件のみで全て11時開始ということが判明。なので観光モードなんだが、島へのボートだけは許されない行列の長さ。

120101_075614

ガートは、日の出ポイント、教会などをうろつきようやくビールが。インドビールはそんなにうまくはないが年越しなんで格別。120101_110501 あとは散歩と飲み屋のはしごに終始。外は暑くて歩けません。

着いてすぐから圏外だった携帯、ネットカフェでもダウン中とのことでネット環境はお寒いかぎり。

1月2日
狭い街で飽きてきたので、マドライに移動することに。バスで350、タクシーなら2000あたりのよう。電車はなし。なんでバスにして元旦奮発できなかった分を120101_114947_2 シーフードに奮発。

でバスかと思いきや普通の車で長距離ドライブ。途中で牛や犬の死骸をみせつけられ寝る勇気もなくなる乱暴な運転なれど4時間くらいでジャンクション駅に。途中のドライブインでの便所にインドを感じた。

でフラフラ歩いて綺麗そう&飲み屋が近くにある高め&清潔そうなホテルに。そろそろ最終道程決めるかとネットカフェにてマドライからチェンナイを確保。120102_192347 で飲み屋をハシゴして記憶喪失。

南インド酒道をいろいろ試した経験だったが、酒自体は最悪。ツマミのカレー味も相当飽きたし。

1月3日
寺院巡りなぞするかと散歩するも、サンダル脱げ&長ズボンだと面倒くさいので諦めて帰り、麦酒をグビグビ。

夕方寺院を再訪120103_111602 。官憲が並ぶ庶民を虐げる瞬間を目撃、マサラ映画では嫌われ者である理由が少しわかった。汚いバーで飲んでるとマリファナなりエロビデオなりを勧められて楽しいがいかんせん暑い。120103_205542 で酔いつぶれて帰還

1月4日
マドライの空港までは100で30分弱。綺麗な小さい空港からあっという間にチェンナイに再訪。スパイスジェット、機内サービスはまったくなかった(50分、4000弱)。マハーバリプラムを最終目的地に決めてタクシー交渉。1100で1時間強の暑い旅路。宿を適当に探して海を目指す。アラビア湾のそよ風が心地よい。120104_152103 酒屋探すが見つからず酒事情は厳しい。
ジャマイカ居酒屋で停電しまくる中、一献。インドで初めての牛ステーキ、普段道で見ているのを食べるのは忍びなかったがベジ生活だったのでうまかった。

1月5日
物価は高いマハーバリプラムだが西欧料理が食べられるのは嬉しい。自転車を60で借りて酒屋探しの前に奇岩観光。120105_082802 ひたすら横のホテル無料プールでフランス娘の肢体観察して怠けダイブしまくる。120106_105209 ようやく見つけた酒屋で地元民と昼酒。120105_122536
テレビでは盛んにクリケットやってたが結局よくわからなかった、野球っぽいが。夜は奮発して魚食べたら結構な散財となったがロブスターや白身を堪能して満足の1000。120105_195818

1月6日
そろそろ帰るモード、悲しいのは温度差。楽しもうと飲酒&運転&水泳の繰り替えす。酔ってダイブは死にそうに苦しいけど楽しい、来年はドコで?と少し切ない気分。昨日行った飲み屋で再度ハエと野良犬に囲まれて1合200円くらいの酒をダメインド人と酌み交わす。120105_121611
「おい日本人、そんなに急いで呑むなよ」せっかちな国民性なり、性格を恨んで帰還。今日のプールはロシアンばかり。シャラポアに二倍にしたようなのしかいなかったので酒での頼んだら・・・・高値更新、怒りのブラッディマリー。
ヘロヘロで飲酒運転してると120106_115523_2 眠たくなったので帰宅して昼寝。ブランデーばかり甘ったるくも酔った勢いでダンスフェスティバルを見に行く。120106_201917 まー田舎くさい踊りだな。

1月7日
早朝の飛行機に向けてタクシーは6:30。TATAで快適に1時間で空港到着・・・なんと出発が2時間30分おくれるとのこと(泣)風邪気味で二日酔いで寝不足という最悪の状態で何もない空港でボーっと座っているのは地獄。

なんとかデリーに着いたのは15時過ぎ。少し市内散策するかと噂に聞いた地下鉄で快適にニューデリーに。120107_152343 でお土産の香辛料をゲットして酒場さがし。流石今までの酒場とは違う品揃えに感動して1時間ほどカクテル等を楽しんで帰国に。120107_165653
デリー空港の待たせ方は酷いな。チェックインは20分でまだいいとして、出国審査が40分くらいかかったか。行列しているのに平気で係官が出て行くのを見ると殺意すら覚えた。
てなわけで最後にイヤな思いしたので、インドは卒業かな。

2012年1月 6日 (金)

プールとは飛び込むもの

時価なんて国内では無理だが、ここのインドではいいかと海老いってみた・・・・うまいけど
物凄く高い。一食で1500円とは、でも明後日帰国だから普通なのか。。

それはともかく、日本のプールに物申さねば。例年渡航している理由に
・ばくち(国内の開催ひどし)
・寒いのいや
・地元でないので友達少ない

なんてとこで、今日も暑いので朝から日焼け。となりのプールで飛び込む。例年東南アジアで頭蓋骨が擦り切れるくらいダイブの正月。なんで日本のプールはだめなんだ。

ここベンガル湾、子連れも沢山いるが飛び込み、はしゃぎも問題なし。大田区プールでは確かにひどかった。混んでる中に飛び込んだり、走り回ったり。

ソフィーマルソーを少しスケベにした娘を見ながら鼻の下伸ばしながら、何時の日か日本のプール客が大人になって飛び込めるようになるまでは渡航は続くかな。

2012年1月 3日 (火)

インド南端飲み倒し

あけおめです、特にメール貰ったかた。

テレビで見る端整な美人など0.01%しかいないデブだらけ(メシの量、間食などで当然か)の胡散臭い国。

ゲートウェイのチェンマイでは飲み倒して何も出来ず。カニャクマリはすばらしかった。でマドライにきてます。120102_210217 

苦労しつつ、大便にも死骸にも不潔にも慣れてきてて・・。少しはラクするかな。

2011年11月29日 (火)

恐るべしエアインディア

年末の旅行まで一ヶ月、そろそろイロイロ段取するかと旅程を決めている「旅行の一番楽しいとき」・・・始まりよりも楽しいんだな。

スタアラから参加断られたわがAI。独自プログラムがあるとのことで入会試みる。これが結構大変で丸一日かけてようやく完了。

ただ前回とあわせたくらいでは、成田からはインドしかないしょぼい路線ではタダ航空券は相当厳しいと判明。

がっかりしながらよくよく自分の日程を見ていると、なんと帰りの国内線が覚えのない便に。しかも国際線との乗り継ぎがたったの30分!!!!

こんなん絶対日本に帰れないわと、慌てて日本事務所に電話。

「予約便が変わっているようだけど、乗り継ぎ時間的に無理でしょう。なんで変わったの?」

「もともとの国内線がなくなったからですよ、たしかに30分では無理ですね」

「おいおい、だったら電話せいよ。そのために電話番号入れてるだから」

「こちらではインド国内線までは関知しないですよ。まー乗り継げそうな便に変更しますんで。こういうのよくあるんで、現地での連絡先登録しておいてください」

現地にはローミング携帯もっていくのだが、貧乏航空会社は地元番号よこせと。まー事前に調べておいてよかった。最悪気がつかずにデリー右往左往するか、行きの成田でバタバタするとこだった。

いろいろ苦労しそうだなーーー正月インド。

フォト
無料ブログはココログ