« エキストラバイト@カンポット | トップページ

2019年7月24日 (水)

プノンペンカジノでみかける地元民好きなテーブルゲームの紹介

1.baibuu(ばいぶー)
<概要>
配られた4枚のカードを2枚に分けて強弱のハンドをつくり親のそれぞれと
比較して1勝1分以上で賭けた分に100%配当がつきます。
<ハンド強弱>
ペア(A>2)>絵札2枚(KQJスーツ関係なし)>A+9>2枚の合計から10を
引いた数が9,8,7,6,5,4,3,2,1,0
<控除率>
プレーヤーの弱ハンドが3,4での同点は親の勝ち

2.bai ngam ham(ばいがむはむ)
<概要>
配られた5枚のカードのうち3枚で10の倍数をつくり残り2枚がハンド
になります。これを親と比較して勝ちなら賭けた分に基本100%配当がつきます。
10の倍数ができない場合はノーハンド,親もなら引き分けです。
<ハンド強弱>
0,9,8,7,6,5,4,3,2,1,ノーハンド
<控除率>
プレーヤーハンドが5で勝ちは50%配当

« エキストラバイト@カンポット | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エキストラバイト@カンポット | トップページ

フォト
無料ブログはココログ