« ワレポンルール | トップページ | JDとの合コンin代官山 »

2012年10月25日 (木)

川崎のもつ焼き屋さん

Img_cache_d_15553_2_1351080487_jpg 江戸川競艇、新橋マージャンとギャンブルとえいばもつ焼き。といってもド平日、特に賭け事はしていない昨日SNSでもつのはなしをしたので行ってみるかと川崎駅に途中下車。

競輪場行きのバスにのる。うーん駅から歩いても大差ないかと島田屋に。いつも満員の店内、ぽっかりカウンターが空いたのでミミ刺し(150円)とウィスキー水割り(270円)でスタート。隣の常連さん、焼き場のママさんと昔の川崎を話を肴に。

・大洋のころの川崎球場(この店は球場のすぐそば)は活気があった

・労働者は焼酎を好みガラが悪いので焼酎はおかなくなった

・酒場放浪記から依頼があったがツマミの種類が少ないとの店の判断で断った(よかった素人客がおしよせなくて)

・それでも日刊スポーツに勝手に記事として紹介された

煮込み150円や焼き物(一本60円から)を頂きお湯割りに切り替えて素晴らしいひと時。帰りの徒歩で新しくもつまらなくなった川崎飲み屋街を見ながら満足の帰宅。

円安進行頼みますぜ。

勢いで1月26日のプサン行きを決めたが何をするのだろう寒い韓国。

« ワレポンルール | トップページ | JDとの合コンin代官山 »

呑み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワレポンルール | トップページ | JDとの合コンin代官山 »

フォト
無料ブログはココログ