« 映画「麻雀放浪記」賛歌 | トップページ | バカラの罫線 »

2007年8月19日 (日)

連敗ストップの誕生日inソウルMH

Img227 久々に韓国ミレニアムヒルトンに行ってきた。結果は少しのプラス。半年以上勝ってなかったので額的にはともかく勝ちが出たのが嬉しい。

夕方まで都内で仕事をして一旦帰宅して羽田到着は19:20。一年前にもらった7LUCKのCチケットで出国しようとすると探知機にひっかかる。テニアンでもらったアメニティセットの小型ナイフ(なんでもらったNWでは通れたのか不思議)を没収されてラウンジに。尿酸値気になり止めていた麦酒を誕生日ということで流し込むと知った人が。

で着席しようとすると今回の同行者オリオンさんがSを取るように最前列に。Img216

機内では330を堪能し(やっぱシェルフラットだわ)ワインを4杯ほど飲んで出来上がり。さらに知り合いもいたりしてと。

着後150万円の申告をしてリモに。オフでは久々に会うオリオンさんとしゃべりっぱでホテルに。部屋にはケーキが!シャワー浴びてさっそくトーナメント受付るべく100万円わたす。このプレーがコンプになるかを確認したのち開始するもなんと絞りじゃない!つまらんと思いつつ増減なく朝方まで。結局ボーダーが800←5000あたりらしいというこであっさり大会終了。

バイキングでメシ食って就寝。

オリオンさんと競輪行こうといってたのだが元気なく夕方起床。でプールには行かねばと海パンもってプールに目の保養に行くもママと餓鬼しかいないしプールキャップかぶれという面長な身には失礼なことをいうので泳ぎはやめて外のデッキチェアーに。があまり

Img218 に都会過ぎる風景でリゾモードになれず方針変更でPCを持ってきてブートキャンプ開始。さすがというか40不摂生男には20分弱でフラフラに。

でもさっぱりしたとこでビールでも飲みながら軽くカリビアンでもしながらオリオンさんとの夕食待ち。

リモでミョンドンのフグ屋に。コンプ的にはカジノに持たせるのがよいのだろうがあえて自腹でも納得の

Img221
白焼きを堪能しながら焼酎を開ける。二人で16万Wくらいか。

で散歩に行く方と別れてタクシーでカジノに戻りミディバカラで戦闘開始。20万W~60万Wで順調に増えて700浮きで今回の目標100万円浮きに届きかけたとこで下り坂が(泣)。それでも今回の最下点は100万Wで抑えてテーブルを変えたとこで少し戻して浮いた時点ば飲み過ぎにて終了。

で一旦仮眠して起きたとたんオリオンさんから電話があり再度カジノに。

結構な客の多さで二人で座れるバカラがなくなんとか10万Wを開けさせるが・・・・。こりゃだめだと袂を分かつ。浮き分が200万Wのまま全然増えない。

地獄モードのオリオンさんを探すといなくなったようで。と思ったらイエロープレーをしてるので無理を承知で200程度でMIN50に座る。

結果これがよくフラットでも取れるわかりやすい罫線をオリオンさんに作ってもらい400万W浮きにて&いい罫線終了時点で席を立つ。お遊びのカリビアンを軽くして初体験の3ポーカー。とどめは大小などとてもカードを出せない小銭勝負をした後朝飯だべとバイキングに行くも混んでいるのでルームサービスをオリオンさんの部屋で。

BJ話「2VS12を韓国では・・・」なんてバカ話しながらおいしいキャビアなど。

で部屋で爆睡のつもりが起きてしまい最後の小銭勝負を3カードポーカでやってると2枚しかみなかったペアーが親にもQが入り勝負になって3枚目までそろいスリーカード完成。この時点で浮きが黄色4枚となり一旦終了。うろうろしているとBJ2千から30万なんて幅広いテーブルをみたり、300万大バカラの鯨見学などしてオリオンさんと合流。

とどめのBJはあまりよくなく終了。チェックアウトでもコンプ的には問題なく次回のCも確保。

移動は30分ほどでラウンジに滑り込みまったりとバランタインをやりながら今回を締めくくった。

しかしJALのビジネスはアシアナとは雲泥だ、メシはYかと思ってしまったぞ

>わが国のフラッグキャリア

さて40、どうカジノと付き合っていくか。

« 映画「麻雀放浪記」賛歌 | トップページ | バカラの罫線 »

カジノ」カテゴリの記事

ソウル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「麻雀放浪記」賛歌 | トップページ | バカラの罫線 »

フォト
無料ブログはココログ