« 博打漬けの正月シリーズ5 | トップページ | 大宮記念競輪 »

2006年1月 5日 (木)

2005ラストは勝ち

RIMG0028 贅沢で疲弊した胃袋には野菜

遂に先ほど勝利で終わりたいモードでBJを数分プレーし30万W勝ち!最後よければそれでよしと。

今回の韓国、マカオの博打は29日~4日まで打ち続けるという控除率からいうと不利な(打てば打つほど効いてくる)条件での勝負。悲しいかな性として眠る、食う以外まったく楽しみのない身には以下にヒット&アウェイ出来るかがテーマだった。

150万円+持ち込みが130万円+600万Wということで勝ちは勝ち。

重複書き込みながら時系列で印象に残ったことを。

当初オリオンさんと3日あたりにソウルで会食しようかというのもあったがリゾカジのプチオフ会がマカオであるということで後者に日程を合わせることとなり「東京バナナ」でGGに航空券を交渉し香港30日IN3日OUTを77万Wにて購入。バカラ島は春の公式オフ会以来だが今回のテーマは「絞って長持ち」確かGGよりミニマムは少ないはず。

初日おいしくホテルで飯食い閑散としたBJは避けバカラに、50万円両替で増えも減りもせず。夜遅くバーに行くつもりがわかりやすい罫線が出来始める。素直にのっていくとさすが3万円バカラあっというまに100万勝ち。バーは中止しさらに50万円ほど増やして終了!。出来すぎの初日を終えマカオ深夜着に備えて爆睡。

昼過ぎに起きて再度バカラテーブルにここでは200勝ち、指すも増減なし。夕方に終了してBSで競輪観戦。GP外し記録を更新しサウナへ、テーブルで仲良くなったおじさんと歓談して気分よく空港へ。機内で気持ちよくワインを嗜み香港空港着は22時ころ、バスでフェリーターミナルへ行きホテルを探す。場所重視で金城にする(一泊平均7500円)。このホテルそばにネットカフェや銀行やサンズカジノ(12月31日昼禁煙フローすでに激込み)がそばにあった。部屋で無線LANは一日2千円超といわれ断ったが。フェリーの込み具合はたいしたことなくタクシーでホテル着後安酒でお休み、なにせドルがないので。

大晦日はいつもの大豊銀行で20万円両替、今回のマカオの予算は50万円。31,1をこの予算で過ごしオフ会の2日に30万を使おうという魂胆。アウェイなんで小張りの予定。

ギャラクシーで13連バンカーなどみてみな斜めから絞るのにね。

これで絞りながらいい新年になるのかな、などど遊んでいるうちに酔ってかっとなって遂に沈みは7万円くらい。

ホテルの鯨はバカラもですごい賭け方する(一手平均100万円くらい、額もだがジャンケットなる表示ある1000ドルの20枚束をテープでとめたものが巨大!)連中はサンズにはいないタイプだった。

1/1元旦は休みたいな、なにせトランプを見飽きたなんていいながらベッドメークのあいだにホテルカジノでテレコ発見。500勝ちでリスボアまで歩き両替商レートくらべて違いはあるようだ銀行並のいいのもあるし。ファラオでマーチンゲーしてなんとか退散。がその後サンズにて魅入られたようにBJをするも客層最悪で4000ドル負けまで落ち込む。ここから少し単騎で勝負し戻すもカジノを出れず。空いているバカラテーブルにてふとバンカーで取り返そうと1,2、5千と溶かし現金0に。正月早々オケラとは、でホテルに帰還し自棄酒タイム。明日は銀行でいくら替えるかだが、今のとこ30(20負けなので倍にすれば浮いて帰れる)のつもりだが。

1/2は朝から空腹にてホテルそばの食堂にて朝飯、ファラオにいくもスポーツベッドがあるかわからず適当に遊びリスボアに顔出すも大混雑でタクシーに乗りタワーへ。高所恐怖症には・・・・。帰宅後昼飯食ってギャラクシーにて遊び、マンダリンカジノにてバカラでほぼチャラにする。30万円両替してオフ会までの時間潰しをギャラクシーでBJ、いまいちだが楽しめた。ほぼBSを熟知したプレーヤと過ごすもじわじわへりタマ切れをおそれ15000ドル残して中断。ワインを昼からマッタリ。でサウナでさっぱりしてオフ会へ。ちくわ、田中、キャロ一家と中華を堪能してサンズ。

サンズの夜は大混雑、テーブル数は250くらいとのこと。

いろいろバカラを教わった、一番楽しい時間!さまよい人さんとも会い2シュー目に凄いわかりやすい罫線にのっかり(Pが落ちないテレコ)プラスの世界へ。キャロさんいわく「ここから見ると対象」「あの男は貧相だから負ける気しない」などど騒ぎながらの天国時間。ついに10万円ほど勝って名残おしく退散。コンプでフェリーももらってと。

朝起きて銀行に行くも俺の20万円しかなく結局再両替出来ず。朝ギャラクシーでバカラ連発に少しのりマカオトータル千勝ちにして終わり。フェリー~エアポートエクスプレス移動はしんどくなり自費でエアーは5万ほど足してCクラスに。

大韓の機材はいまいちだな、アシアナに切り替えるかとは帰国便でも痛感。

迎えが来ていて着後サッパリして少し絞るが増減なし。胃が連日の贅沢でつかれて飯はなんとサラダのみ。で再度勝負、簡単な罫線に遭遇し感じいいグループに入れてもらい途中トータル2M達成。ここが止めどきだったな。小切手に換えてバーで沈没しようと行くとなんかの集団の貸切のようで再度テーブルへ。

ここからが地獄の始まりだった、小さくとって大きく外すの連続。黄色四枚は3ピン2ピンであっさり転がされジエンド。

最終日勝ちが0.8Mまで落ちたのに飛行機が夕方と遅いことから、うなぎ定食をそそくさと食べ再度悪あがきのBJをするもさらに黄色3枚やられ。印象的なのは最後の黄色1枚でこちら15stay、親5から18まで上がりやがって!気分は負け気分なのでCにはアップグレードせず帰還、羽田は結構こんでいた。

« 博打漬けの正月シリーズ5 | トップページ | 大宮記念競輪 »

インチョン」カテゴリの記事

カジノ」カテゴリの記事

マカオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005ラストは勝ち:

« 博打漬けの正月シリーズ5 | トップページ | 大宮記念競輪 »

フォト
無料ブログはココログ